Uncategorized

インバウンド戦略の意義

日本を訪れるということは、外国の旅行者に、日本を知ってもらい、日本人と交流してもらう良い機会と言えるのではないでしょうか。外交官等の特別な職業に就いている人だけでなく、普通の、民間の人同士の交流を通すことによって、外国の旅行者に、自身で日本を感じてもらうことができるのではないでしょうか。日本への滞在により、これまでの日本のイメージを見直したという外国人旅行者も少なくないのではないでしょうか。観光を通じた交流により、日本を理解し、新たに好意を抱いてくれるといった人が世界に増えていくということは、日本が国際社会で行動を起こす時に尽力してくれたり、共感してくれる人の増加が期待できると言えるでしょう。また、外国人旅行者を受け入れる地域では、その地域の資源が外国人に喜ばれ、評価されることにより、自分たちの住む地域への誇りと愛着を育んでいくことができるとも言えるのではないでしょうか。自分たちの地域への誇りと愛着は、地域を更に活性化しようとする取組みの原動力ともなるでしょう。日本を訪れる外国人旅行者の消費は、国内から持ち出すことができない「サービス産業」が需要を獲得するということでしょう。外国人の旅行消費は、主に交通、宿泊、食事、お土産、アクティビティに使われているようですが、企業同士の取引などを通じ、他業種にも大きな経済効果を及ぼしていくとされています。また、日本への滞在によりファンになった人たちは、自国に戻ってからも、日本のものを購入したいと思ったり、手に取る確率が高くなるでしょう。つまり、日本産の商品消費に向けた輸出を伸ばしていくことが可能になると言えるのではないでしょうか。インバウンド観光のメリットの可能性を最大限に実態化させていくための取組みが重要な鍵となっていくのではないでしょうか。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *