Uncategorized

洗練された中国人はどこにいる?

上海に住む20代後半の知人は大手銀行に勤務しているエリートで、年収600万円ですが、17年末、日本旅行のためのビザを申請しました。すると、「十分な経済力を有する人のための数次ビザ」(後述)を取得できたと話していました。彼らは今、ものすごい勢いで日本に関心を持ち、日本を目指してやってきているのです。中国の地方(黒竜江省、福建省など)の一部の都市では、17年9月ごろから、団体の海外ツアーを規制し始めました。外貨流出を警戒したのです。旅行会社に団体旅行の募集を制限するように通達をだし。ましたこれは団体のみで、個人旅行客は含まれていません。そうしたこともあって、これから先、もっと海外に飛び出していくのは、明らかに個人旅行客と言えます。彼らを取り込んでいくことは、日本のインバウンド・観光関係者にとっても、もってこいの話と言えるでしょう。「でも、洗練された富裕層の中国人って、具体的にはどんな人々?一体どこにそんな人々がいるの?」という声が、読者の方々から聞こえてきそうです。洗練された中国人は、実はもうすでに日本にかなりやって来ているのが事実です。観光庁の『訪日外国人消費動向調査』によると、16年の訪日中国人観光客(約637万人)中、団体旅行客は45・1%、個人旅行客は54・9%とすでに個人旅行客のほうが団体を上回っているのです。この傾向は17年も加速しているのです。今後、団体旅行客

は、減少していくと予想されます。個人旅行客の中には、普通のOLもいます。何度もきているので団体旅行をやめたいという人もいます。一概に個人旅行客=富裕層と断定することはできないのです。中国は、急速に変化しており、旅行客の層も変化しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *