Uncategorized

外国人旅行者の送客市場と、目的別旅行の需要について

近隣のアジア諸国と米国からの旅行者の合計は訪日外国人旅行者の大部分を占めており、今後もこれらの国との関係が著しく悪化するなどがない限り、日本にとって安定的な送客元となっていくと言われています。

これは、観光流動を活性化させる近さが重要なポイントだそうで、単に距離的な近さだけでなく、長期間にわたる歴史的交流や、経済的な制約が少ない事、ビザの免除、交通ネットワークの充実度など、多くの要素が総合されていったものだと考えられています。

近隣のアジア諸国の中でも、社会制度や経済のレベルに大きな差があり、交通ネットワークの不十分な北朝鮮からの旅行者は極めて少ないと言われていることからもわかるかと思います。

また、近さを感じられるような要素を政策的に構成していくことでより近いと感じてもらうこともできるかと思います。
例えば、宗教によってのルールな食事の制限などがある国も多数ありますが、そういった国々に向けての環境整備や食事の制限等にも対応可能なレストランを増やしていくことによって、日本に対して感じる距離はどんどん縮まっていくのではないかと思います。

また、旅行目的別に需要の特徴も異なり、いわゆる観光旅行においては日本は四季がはっきりしており、その季節ごとに旬の観光地があります。例えば、桜の季節やスキーシーズンなどが主な冷夏と思います。一方でそれ以外の季節(閑散期)に対する対策や、自然災害やテロ、感染性の疾病へのリスクが高まった場合は急激な観光客の減少する可能性があります。

ビジネス目的旅行であれば、ビジネス環境の整ったホテルや、会食等の接待やより効率よくビジネスを行うために付加価値の高いサービスが購入されるケースがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *