Uncategorized

実際のインバウンド観光の動きについて

インバウンド観光振興は国としての総合的な力が重要であり、政府を中心に定めた施策や取り組みを元に民間がどのような動きをしていくかが重要になってくるかと思います。

各地域や企業によって動き方は様々で、日々動きに変化が起こり多様化していっていることも重要な点かと思います。

日本の観光立国推進計画が始まった当初はインバウンド観光に積極的に携わる地域や企業はとても限定的だったそうですが、訪日外国人観光客数が急増し、観光振興がビジネスとして積極的に取り組むに値する市場であることが広く認識され、政府が経済成長の非常に重要な柱として推進し、政府としての本気度が認識されていくにつれてインバウンド観光をビジネスの活性化に活用しようとする地域や企業が増えて来たそうです。

現在では、インバウンド観光振興は非常に多様化しており、観光分野の内外で本格化しているそうです。

観光分野の中で特に顕著な動きを見せているのが旅行会社だそうです。

旅行会社以外においては、これまでの観光産業の事業者といえば、観光レジャー施設、宿泊施設、交通関連企業が挙げられますが、観光分野の外においては、特にアジア諸国からの購買意欲により応えるために商業施設のみならず、化粧品メーカーやお菓子メーカーなどの製造業も関与を大きく強めているとのことです。

インバウンド観光が長期的に継続し進行していくためには訪日外国人旅行者の目線に立って物事を考え実行していくことが非常に重要とされています。

また、政府や民間だけでなく地域やその地域で観光関連業を営む個人の関与も非常に重要になってきます。
それぞれの動きが一体となり継続的に実行していくことでに最大限の効果を見られるかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *